案内人
観光ガイド

Page Top

案内人・観光ガイド

2020年度 アクロス五島 ガイド 料
  メニュー 料金 詳細;
1 観光ガイド 1H 2,000円
15人以上は1H 2,500円
福江島・奈留島・久賀島
2 町歩き ※商店街など 1H 2,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
3 散策ガイド 1H 2,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
4 七ツ岳登山 ※4H 15,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
5 父ケ岳登山 ※4H 15,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
6 七ツ岳+父ガ岳 ※6.5H 25,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
7 鬼岳火口ハイキング ※1.5H 6,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
8 大瀬崎ハイキング ※70分〜90分 6,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
9 草スキー ※70分〜90分 1名 1,000円  
10 星空ガイド 2,000円 20:00〜21:00
11 ジオガイド系 1H 2,000円 10名までガイド1人 10人をこす場合は、ガイド2名
12 嵯峨島 半日コース 6,000円
一日コース 12,000円
トレッキング
Placeholder image Placeholder image

鬼岳草スキー・鬼岳トレッキング

概要

福江島のシンボル的存在の鬼岳(315m)で、ダンボール使った草スキーは自然と一体になれる。鬼岳火口一周ウォークは、シンダーコンと言われる珍しい火口を見る事ができる。樹林がないため、福江島の景観をいろんな角度から楽しめる。

料金

草スキー 1名 1,000円
火口ハイキング 6,000円

体験の流れ

ダンボールもしくはレジャーシートを使った草スキーを楽しむ。火口を一周するウオーキング。

荒天時

雨天時は中止

その他(服装・準備品)

汚れてもよい服装(長袖、長ズボンがよい)
トレッキングに適した靴(運動靴)

Placeholder image Placeholder image

大瀬崎トレッキング

概要

日本屈指の光達距離を誇る大瀬崎の灯台が東シナ海を航海するための重要性について、「日本の灯台50選」。地殻変動の大きな力によって、斜めに断ち切られた断層、断崖絶壁から見る大パノラマのすばらしさ、淡褐色の砂岩と黒色の泥岩が交互に重なった地層は貴重な海触地形の学術的資料。

料金

70分〜90分 6,000円

体験の流れ

灯台入り口で準備運動、注意事項の説明。ガイドが灯台まで案内、必要に応じて説明。

荒天時

小雨決行

その他(服装・準備品)

トレッキングに適した服装(雨天時は雨具等) 
飲み物

Placeholder image Placeholder image

七ツ岳トレッキング

概要

九州100名山にも指定された登山家にも人気がある七ツ岳は、標高431m。名前の通り七つの峰がサメの歯のように、荒々しい雰囲気がある。山一体は七嶽神社の神の領域のため神秘的。岩を上ったり下ったりの連続が続く。山には標識が少なく、シダが生い茂っている。標識がある山しか登ったことのない人は、地元ガイド必要。

料金

ガイド一人15,000円
(登山者が一人であってもガイド料は15,000円)
10人までは一人のガイド、10人をこす場合はガイド2名

体験の流れ

基本4時間の縦断コース。3時間のコースの場合は、七ツ岳登山口から頂上へまた同じ道を下山。 準備運動を行い、注意事項の説明、登山開始。

荒天時

雨天時は中止

その他(服装・準備品)

トレッキングに適した服装及び靴。(帽子、タオル)
飲み物

ガイド動画

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image

ボタンをクリックしますと動画が始まります。

まるわかりマップ

Placeholder image

大きい地図を開く

トレッキングマップ

Card image cap
鬼岳

五つの臼状火山群の主峰です。その火口を一周歩くことで偉大な自然のパワーを感じることができます。樹木がありませんので、景観が良好。

詳細マップ
Card image cap
火の岳

鬼岳五山の一つです。頂上までは木に覆われており、森林浴には最適です。山道ですがアップダウンも少ないので遠足気分で楽しめます。

詳細マップ
Card image cap
箕岳

箕岳、白岳の2つのスコリア丘が並んだ一つが箕岳です。側面はゆるやかな傾斜が続き、山頂は円形の広場になっています。

詳細マップ
Card image cap
笹岳

いつでも気軽に登れる笹岳という感じの標高389メートルの山ですが、中腹から山頂にかけて急な登りと階段が続きます。

詳細マップ
Card image cap
翁頭山

翁頭山は一等三角点がある山です。道が整備されているので登りやすい山です。鳥のさえずりを聞きながら自然散策が楽しめます。

詳細マップ
Card image cap
只狩山

非常に凹凸の少ない低平な玄武岩の台地は畑作地帯として利用されています。桜の名所としても有名で300本のソメイヨシノが咲きます。

詳細マップ
Card image cap
脇山

遣唐使ふるさと館を発着点にして、三井楽山脈の一部を踏破するコースです。脇山からの眺めは、円畑の姿を見ることができます。

詳細マップ
Card image cap
城岳

五島家8代覚公が山頂近くに根小屋式山城を築いたことが城岳の由来です。展望台からの眺めは雄大で、眼下に岐宿溶岩台地が広がります。

詳細マップ
Card image cap
父ヶ岳

父ヶ岳は五島列島最高峰の山です。原生林と急な上り下り、そしてシダの海です。山には標識がないため、ガイドなしの登山は危険です。

詳細マップ
Card image cap
七ッ岳

九州100名山に指定されています。登山家にとても人気のある七ッ岳は山一帯が七岳神社の神の領域に当たり、神秘的な雰囲気があります。

詳細マップ
Card image cap
大瀬山/大瀬崎灯台

大瀬山は東シナ海を望む絶景です。大瀬崎の突端には大瀬崎灯台があり、海に沈む夕日鑑賞の一級地でもあり壮大なドラマを感じさせます。

詳細マップ
Card image cap
御岳

山道の落ち葉がクッションとなりじゅうたんの上を歩いているようで、のんびりハイキング気分が味わえます。山頂からは360°の見渡せます。

詳細マップ
Card image cap
奈留島/遠見番山

五島列島の真ん中にある奈留島の水晶岳、遠見番山、城岳の3つの山頂を目指すコースです。累積高低差はわずか164mです。

詳細マップ
Card image cap
久賀島/上山

島の全てが「久賀島の集落」として世界遺産であり、重要文化的景観に認定されています。コース全体で歴史や文化を感じることができます。

詳細マップ
Card image cap
嵯峨島/男岳、女岳

二つの島が噴火でつながってできた周囲12kmの島です。アコウ樹の巨大な姿に圧倒されます。火山の噴出で重なった千畳敷は独特な地形です。

詳細マップ
Card image cap
黄島/細ヶ岳

クジラ漁で栄えた時期もあり、島には美しい石垣の屋敷が見れます。細ヶ岳は長崎県一低い火山です。山頂までの高さはわずか25mです。

詳細マップ